自分用メモ PTAは任意加入 法的義務ナシの報道 任意加入団体を解体していこう!!

JDです。

真剣・深刻です。

PTA(Parent-Teacher Association)について、菊池桃子さんが勇気づけられるコメントをしました。そして、憲法学者からは、法的義務ナシのコメントがあったそうです。

どちらも働く母にとって援護射撃ですが、これを理由に、不加入を強弁すると、それはそれで酷い目に遭いそう。どうしたらイイんでしょうね。

 

“自分用メモ PTAは任意加入 法的義務ナシの報道 任意加入団体を解体していこう!!”の続きを読む

資格試験予備校より強烈に魅力的な学校を発見 <C>中央大<C>法・通信教育課程

表題の件につき、JDが喜び勇んでお伝えします。

つい、つい先ほど発見しました。

「法科の中央」、言わずと知れた法学部トップ校の中央大学に、非常に魅力的な条件の通信課程があります!!!

>> Continue reading 。o○゚

大変だった頃のこと(2) 一般職化して結婚! 「産む機械」の罰ゲーム感

JDです。

前回に引き続き、思い出語り!シリーズ「大変だった頃のこと」。

自分に発破をかけるため。

それと自己紹介のため。精いっぱい書きます。
>> Continue reading 。o○゚

DIY葬42,360円の匿名ブログがブクマ2000超えの注目

花が咲き、若者が野心と緊張で頬を紅潮させて入社式に臨む中、死者の話で恐縮なんですが、でも鮮度の高い話題(死者なのに)なので、シェアさせて下さい。JDです。

お坊さんもお呼びして執り行ったDIY葬をリーズナブルに実行したという匿名ブログが話題です。 >> お坊さんをお呼びした家族葬(D.I.Y.葬)が総額42,360円で完璧に出来たお話 http://anond.hatelabo.jp/20160331150720

昨日は1,000台だったと思うのですが、現在ブクマ数2,234(2016/04/01 12:40現在)。どんどん増え続けています。

 

“DIY葬42,360円の匿名ブログがブクマ2000超えの注目”の続きを読む

兼業受験生の年度末は受験勉強どころではない・自営業の忙しさはサラリーマンには分からない

…に決まってんだろうがよぉあああああああ!!

JDです。

新しく採用したスタッフの受け入れ準備、人事制度の手直し、公式サイトの手入れ、等々。そして、世の中全体の動きが活発なので、別に今じゃなくてもいいことも偶発的に持ち上がってくる。

 

またぞろ、かの方面にかけられた呪いに苦しんでいて。

自営業というのは暇そうに、下手したら遊んでばかりいるように見えるらしい。特に、私のように現場にタッチせず、経営の、経営部分だけやっていると余計にそう見えるんでしょうよ。仕事と遊びの枠組みが全く違ってくるので、なかなか説明するのが難しい。

>> Continue reading 。o○゚

昨日から発熱39.2℃-37.0℃ 子どもは割と元気

ぎづい。

いたい。

なんだろうまさかの3月終わりにインフル?

WMクラスタでは昨日今日でもインフル罹患ポストを見るので、あり得ることはあり得る。

保育園不足、無理やり押し込める程度に増やしたぐらいじゃ、こういう、史上稀に見るウィルス病原菌強化実験状態は、解消しないと思う。政治家の危機感の無さは、亡国待った無しという感じ。

理由があって、感染性の困る病気に罹ると、夫が家を出て行ってしまう。困る病気であるほど。

これはもう、結婚当初…というか、実際上は子どもが産まれてからずっと。身一つのときは、そんな体調壊さなかったので。
まさか重篤な悪化はしないと思うけど、子どもと二人家に閉じこもって、うつしあったり、外出できないことでストレスを貯めたり、けっこう悲惨。

食糧は、こんなこともあろうかとある程度備蓄があるけれど。あと、夫が差し入れはときどきしてくれる。
時々、独身の人から羨望の眼差しみたいなの感じるけど、そんな良いもんじゃない。しかも眼差されちゃってるので、訂正もしにくい。そんな良いもんじゃない。

むしろ子どもがいるので、ホテル泊とか入院もしにくい。子どものケアは、私が単独でし続けなければならない。
うちにはうちの理由があるけど、ブラック職場の配偶者持ちの人は今や少なくないと思うので、時々そういう世帯あるんじゃなかろうか。うちと同じく、訂正しにくいだけで。別に見栄など張らずとも、そんなに信心に満ちたキラキラお目々で、絶対のゴールみたいに見つめられると、夢を壊すようで。
少子高齢化はすごく危険な問題だと思うけど、個人的には友人にあんまり結婚出産を薦めにくい。良いこともあるけど、そんな良いもんじゃない。私はこれ以上産むのは無理じゃないかと思う。こういうことがある度に思う。
うう。

基本、ホームシックとか全然ないけど、こういうときは、東京か地元に帰りたい。そこなら、どんだけキチャナくなった、私と家を見られても構わない友達がいくらかいる。

ここでは、もし付き合いがあっても、汚物まみれとかは見せられない。事業をしているので。数回お迎えを夫に頼んだりしたら、入院説が立ったこともあった。2年経たないのに既に。
どちらの家にもヘルプは絶対頼めない。

子どもが看護できるようになるのを待つしかないのかな。スマン我が子よ。

産後乳児院もそうだけど、入院手前の親子が宿泊してケアを受けられる施設みたいなものができないだろうか。別に手取り足取り看護じゃなくても、子どもを遊ばせられて、重症化したら併設の病院とかで診てもらえて、食堂かケータリングとランドリーサービス…があれば充分。お金出しますので…。
ホント日本死ねだよね。

身体的には産めないワケじゃない。あと二人…それが無理でもあと一人は欲しい。子どもかわいい。グチャグチャになっても、ワケわかんないジョークとか、謎の笑いのツボとかでゲラゲラ笑ってるの見ると、本当に良かったと思う。

だけど無理だ。

今いる愛する我が子を危機にさらすワケいかん。

死ねっていうか、死ぬ以外に道はないんだろうと思うよ。

早く病院開いてくれ〜。でもそうすると子どもが起きちゃう〜。詰み。

絶望のJDでした。

(追記)メモ :

3/25  20時 38.5°C

3/25 21時 38.5°C

3/26  01時 37.0°C

3/26 06時 39.2°C

3/26 08時 39.2°C

3/26 09時 39.6°C ※病院で。

抗生物質入り点滴と、処方薬服薬。

3/26 13時 37.2°C

3/26 15時 36.2°C

3/26 17時 36.8°C

3/26 19時 37.2°C

3/26 20時 38.5°C

3/27 08時 36.6°C

3/27 10時 毛布だけで寝れるようになってきた

3/27 12時 座れるようになってきた

※もう昼食の支度させられてる(ヒェッ

 

下流老人という本で、女性はそうでもないが、男性は、一流企業勤めでも配偶者と離別するとたちまち食い詰めるという話が出ていました。逆を言うと、女性は今でも、結婚すると男性のお世話係にならざるを得ない実態があります。

相応の見返りがあるかというと、どうでしょうかねぇ。

企業勤めしてたほうが、部下のマネジメントが面倒だとしても、報酬は明確ではあります。不明確であるというリスクを取らねばならない上に、実際満足いってない人が多いんだとすると…。

その答えが、非婚化なんだと私は思います。

 

下流老人 一億総老後崩壊の衝撃 (朝日新書)
藤田孝典
朝日新聞出版 (2015-06-12)
売り上げランキング: 823

 

貧困世代 社会の監獄に閉じ込められた若者たち (講談社現代新書)
藤田 孝典
講談社
売り上げランキング: 130

2016年に改めて読む 1968年の栃木「尊属殺重罰事件」 初めての違憲判決  昭和45(あ)1310

標題の件、JDが心を込めて、申し上げます。

日経BPで大変読み応えがある記事が上がっていました。はてなブックマークでも、ブックマーク500越えの評判です。改憲の動きに警鐘を鳴らし、改めて憲法を振りかえることを薦めています。
>> Continue reading 。o○゚

なぜ今士業資格試験の受験なのか

IT業界で10年ほどサラリーマンをしていました。その後、まったく違う業界で起業して今に至ります。

自分自身の受験する理由を振りかえりつつ、世の中の状況を点検してみたいと思います。
>> Continue reading 。o○゚

高校の頃は35歳で死にたいと思っていた(士業資格を取りたい理由)

当時、家庭科の授業で「ライフプランを立てよう」というものがあり、正直困った。戸惑った。

だいたい30代ぐらいで死にたいと思っていたのだ。

あの頃は生きているのが大変で、早めに終わりたいと思っていて、すぐ死ぬ度胸はないけれど、とても遠い遠い将来までやり続けることができそうにないというか。想像できないと思っていた。

それこそ、結婚するつもりは全くなかったし、まして自分が子どもを産むとは想像するハズもなかった。

>> Continue reading 。o○゚