その後(本業を真面目にやっています)(宅建試験どうしたか、とか)

なんかちょっと、イヤかなり、割り切れない思いを抱えているし、価値観はやはりいくつかの分野で根本的な変更があったように感じているけれども。

 

ともあれ、生きているし、死んでないし。

死にたいみたいな考えも、疲れ果てちゃってる感(精神的な意味で)も後退してきました。

秘訣というか、特効薬というか、効いたのは、一般に言われている通り、睡眠をとる事でしょうか。元々入眠困難なほうなので、メンタルに危機があると、ますます眠れなくなって回復が困難になりがちなんだけれども。状況が酷すぎるので、何もかも諦めるしかない、っていうか、もう知らんみたいな気持ちが強かったので、逆に眠る気になれたような気もする。これ以上悪いことが起きようがないというか、起きたところで、もう何もかも別にいいや、みたいな。あとは、夫が例になくケアに熱心に参加してくれているので、手を握って眠ってもらったりとか。

 

本業が、経営が、定量的な面では全く微動だにしていないけれども。内部的に、定性的にソフト面で、かなり危うい場面があったので、原状回復に向けて普通に稼働を取られまくっています。現場仕事だけでは乗り切れない局面。

なので、普通にリソースを投入して、踏ん張っとります。

今今やっていた作業といえば、お祈りメールのテンプレを書き起こしていたところ。このサイト、めっちゃ良いですね。 » 就職活動で受信した私の「お祈りメール集」不採用通知・メール集 http://oinori.e-medi.info/page/2

実例に勝るケーススタディは無いですよね。しかも、応募者の率直なツッコミ付き。ツッコミの内容も、理性的で抑制が効いてて、良い。こういう人、採れば良いのにね。こういう人であることを表現できていないのか、どちらかというとサラリーマンよりフリーランス、自営向きだからなのか。

お祈りメールを書いているという事は、つまり採用活動をしているということで、つまりそのためには求人条件決めたり、求人広告を打ったりしているということで。他にも、色々、色々。

 

てゆうか、自宅の固定回線、繋がりにくくなりやす過ぎるんだけど何。何が光回線だって? 営業の電話は気ままにかけてくるくせに、苦情を申し立ててもロクに対処できない通信会社。S。テメーのことだよ糞。どういう体質の所か知ってるだけに、余計腹立つ。

 

宅建試験は、一応受けました。

直前に、やっぱワンチャン狙ってこーかな、みたいな気持ちになって、前日?ぐらいからヤッツケでやってみたけど。宅建業法とかは、簡単だし、点取りやすそうな感じがしたけど、他の不動産業界関連法令は、手が回らなかったし(そりゃそうだ)、少し骨がありそうだったのかな。どうかな。

ワンチャン狙うにしても、せめて一週間前から狙えば良かったとか、ザ・後悔先に経たずなことを思ったけども。

 

そんなわけで、受験ブログのはずが、受験と全く両立できてない日々を送っています。でも、実は受験を諦めた分けでもないです。じゃあ、どうすんだ、って話はまだ考えてないけれども。万年受験生と化すのかな。いやだ―。

 

仕事と無理なく両立できる 毎日続く勉強法
多田 健次
日本実業出版社
売り上げランキング: 302,049

 

3000人の指導実績を誇る人気No.1カリスマ講師が教える 資格試験の合格技術
多田 健次
マガジンハウス
売り上げランキング: 104,703

 

広告

投稿者: JD / ジェイド /

ジェイドと呼んで下さい。 ワラジ履きまくってます。 家族最優先。 得られなかったぴかぴかメダルを獲得するための戦いの最中。起業・サラリーマン経験あり。 文字を書くこと、文字を読むこと、どちらも中毒的に大好き。 (2016/3/10更新)