【進捗】【振返り】 (T_T) 1月第4週(司法書士)(宅建)(42) どうせまた潰されるに違いない

JDの独学勉強定例報告です。

(更新日の1/23には書ききらなかったので、1/24に書いています。)

 

先週の勉強を振り返る

先週の勉強時間: 3時間 21分

先々週の勉強時間: 2時間 52分

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━

1/16(月)  (0分)
1/17(火)  (0分)
1/18(水)  (0分)
1/19(木)  (0分)
1/20(金)  (0分)
1/21(土) ★★☆ (2時間 48分)
1/22(日) ☆ (32分)

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━

まだ本格再開ならず。

挙句の果てには、仕掛かり中の民訴の教科書がどこに行ったか思い出せなくなったりしてな。教科書の場所も忘れる受験生て。どんだけ身が入っとらんのだか。

近況

ちなみに民訴の教科書は、むしろ夫のほうが場所を覚えてくれていて、その後見付かりました。

勉強再開しないものの、気まずさのあまり、仕事してみたりね。急に商談とか入れてみたりね。それも、いつかやらねばならなかったことなので、このタイミングでやることは間違ってないとも言えるのだけれど。

だけど、なんとか、ほんの少しでも合間に勉強再開することができたなら、そりゃそのほうが良かったろうと思う。

 

だけども、週末もやっぱり親族関連の用事で、他県に早朝から夕食時まで家族総出でフル出動だったりして。それ自体はさすがに行かねばならなかっただろうなと思うのだけれども、そこで毒母に待ち伏せされたりなんかして。嗚呼…このブログも闇堕ちしてしまうのかな。

普通、親が、子を、待ち伏せしたりしないじゃん。

親子だ、親子なら普通は…っていうけど、普通の親子は、だまし討ちしたりしないですよね?

自分が連絡とりたいときは狂ったように異様な数の着歴残したり、職場だの嫁ぎ先だの友達の家だの見境なく電話かけて、事態の収拾に負担かけるくせに、なぜ今回だけ、「私も行く」って言えなかった?その四文字ショートメールできなかった?

黙ってれば黙ってたで、許されてると勝手に看做してくる相手なので、一応指摘すると、言い訳にもならない言い訳を並べ立てて、二の句が継げない。ここまで含めて、いつものパターン。てか、もっと言うと、待ち伏せされることも想定して、祖母への予告電話をあまり早くかけ過ぎないようにしたのだけど(有給取って張り切って登場するだろうから)。これぐらいのリードタイムでも待ち伏せされるなら、もう予告して祖母を訪ねることはムリだ。そして遠方なので、空振りの可能性がある状態で出向くことは難しい。もう祖母に会える回数も、もうあまり残されてないのかもしれない。悲しい。とても悲しい。

だめだ。

書き始めると、考え始めると、もう、ループが…

しなかったらしなかったで、消化不良感で調子悪いままだし。

あ、うん、そうだメンタルの予約入れよう(入れた)。

 

 

すっごい暗い黒い分厚い影を落としてくれちゃってるのが、司法書士試験本番の前月であるところの、6月に、その毒母が面会予定を入れようとしていることが、分かったこと。

過去、チャンスというチャンス、受験という受験を、彼女の気分次第で潰されてきている。センター試験の前夜には、寝入りばなを叩き起こされて、その後怒りで眠れなかった。曰く、明日何時に起きるか聞いてない、起こしてやらないといけないから。…高校時代、あの人に起こしてもらったことが何度あったろうか。特に冬場は、暗い自宅の灯りを点けて、誰とも顔を合わせずに投稿するのが通例だった。娘のコンディションより、自分が「いかにも母親っぽいこと」をすることが大事らしい、とても彼女らしいエピソード。

 

それが何の嗅覚か第六感か、試験前月に予定を入れようとするなんて…。

毒親は、子の成功、子の自己肯定感の芽を丹念に繰り返し摘むことで、操作の精度を高める。完璧な支配を作り上げる。

どうせ今回もダメだろうという気持ちと、戦って、勝てるかどうか。

 

うー。

勝たなきゃいけない。

 

以上、JDでした。
※平成28年度宅建試験は、まさかの出願忘れにより受験見送りとなりました。。
▼腰痛起こしてたので購入したら劇的に改善した。自室のアーロンチェアより、この組み合わせに座っている、っていう。何気に、安価に腰痛対策の椅子を備える方法でもある。

 

MR-STORE オフィスチェア 昇降機能付き MTS-022 (ブラック)
株式会社三吉
売り上げランキング: 358
広告

投稿者: JD / ジェイド /

ジェイドと呼んで下さい。 ワラジ履きまくってます。 家族最優先。 得られなかったぴかぴかメダルを獲得するための戦いの最中。起業・サラリーマン経験あり。 文字を書くこと、文字を読むこと、どちらも中毒的に大好き。 (2016/3/10更新)