クレカ関連の面白いブログ発見 / 百貨店カード(MIカード)の審査に通ったよ / iPhone7はAMEXが吉

JADEです。

この間、ふと思い立ってクレジットカードの整理をしたり、司法書士ってそういえばどんなクレカが良いんだろうと調べたりしてから、クレカ関連の話題に敏感です。

面白いブログを見付けたので、ご紹介。

 

海外旅行 × クレジットカードの面白い記事見付けた

 

 

書かれているお役立ち情報もさることながら、刺さるフレーズが多くて、良いブログだなぁと思いました。

たとえば、

専門家ってのは知識の量ではなく
どこの何を調べれば正確な答えにたどり着けるか
その場所を知ってることであると
常々思ってるわけですが

これね、サラリーマン時代にしみじみ思いましたよ。

とある会社のひよっこ法務マンをしていたんですけれども。兎に角落ち着きのない事業展開をする会社だったので、社内専門家を目指しつつ、知識が十分になる日は絶対に訪れない構造だったのですよね。じゃあ、どうすればいいか。コレですよね。当たりを付けて、答えを探せること。

ホント良いブログ。冗長になってもいけないですが、一つことを書いていても、様々な示唆に富む文章って、読み応えがある。

他にも、

そしてしみじみ今回の
この記事を書いてて思ったのは
「書いてあることをよく読む」大切さと
「ちょっとした計算ができること」の重要性。

どっちもつい面倒がってやらない方向に
やらないで済ませてなんとかなっちゃうみたいな
方向に行きがちだけど
それってバカから搾取するシステムに
しれっとのっけられることだから
気をつけねばって思ったよ。

 

ほんとそれ。

今回、私がクレジットカードの見直しをはじめたことも、根っことしてはそういう考えに基づくのですが。つまり、金融リテラシーは誰しも持ってるべきだし、他でもない自分がですね。不断の努力をせねばならない、と。さもなくば、賢いつもりで歩いてるのに、実は色んな所からちょいちょい搾り取られて良いカモにされてるかもしれないわけですよ。

これって、観測範囲ではむしろ知識階級というか、資格商売やっている人に多いように思うんです。落とし穴に見事落ちちゃってる。

強い国家資格をとったら、周りがチヤホヤしてくれて、収入もぶち上ったりして、スゴイつもり、賢いつもり、かもしれないけど。実は周りの人は舌を出して、アガリを啜ってるかもしれないですよね。なんでか。人生勝ったつもりでいるけど、世の中の事は勉強してないので、当然食い物にされちゃう。

ま、地域経済の事とかを考えると、逆にしょっぱいことせずに、お金を還流させるのも知識階級の務めだと思ったりもしますが。でも、まさにそうするために、お金を落とす先は、吟味しても良いんじゃないですかね。

 

閑話休題。

この冒頭ご紹介したブログの記事の結論は、海外旅行時のVISAユーザは、決済通貨選択を迫られたら現地通貨を選べ、理由は自国通貨(日本円)を選択すると決済手数料が激高いことがある、という話でしたが。

このブログ、他の記事も面白いです。

海外旅行を沢山する人なんでしょうね。ならではの、「へー」が沢山詰まった記事ばかり。文章も、最近量産されがちなアフィリエイトばきばきブログの読み飽きた感じの文章でないので、楽しいです。はてな村じゃないのも、個人的には好感ww

 

ところで、MIカード(三越伊勢丹グループのクレジットカード)の審査通りました

いやー。

正直、ほっとしました。

脱サラ、起業独立してから、収入をすごく下げていたのですよ。

個人主義の観点からはとっても危険なのですが、起業時、世帯収入を上げること(フロントマンである夫の収入を上げること)を選んで、自分名義の収入は下げることを受忍したので。与信つくかなーと心配だったのです。

どのぐらいかというと、たぶんこんな額だったのは、就職して最初の三ヶ月ぐらいまでだろうな、という収入額でした。事業規模も零細企業の範疇だし、起業に伴って引越しもしてたので。審査に通るか心配でした。ただ、カタイ業界ではあります。

 

MIカード選択の理由

なんでMIカードを選択したかというと、当然、日常生活圏・よくクレジットカードでお買い物をする場所に、三越伊勢丹グループのデパートがあるからです。つまり、ポイントが該当デパートでは高率(1%(条件付きで5%~))でつき、該当デパートでは1ポイント=1円相当で使える。ちなみに、該当デパートでの買い物じゃない場合は、ポイントの付与率は0.5%です。

セゾンの永久不滅ポイントだと、逆に、ポイントは0.1%程度でゲットするが永久不滅モールで1ポイント=5円相当で使え(つまりここまでで比較すると遜色ない)、しかし、デパートでの優遇とかはないし、永久不滅モールは品ぞろえが限られるので、「あんまポイントの使い道ないなあ」となるわけです。マイルや電子マネーにも換えられるので、悪かないけどね。

 

でも、どの道デパートを使う場面がいくらかあるのなら、MIカード有利かな、と思うわけです。

このサイトはアフィリエイトはやってますが、Amazonだけでクレカ申込をしてもらっても、私にはお金は全く落ちないので、その意味でもガチで素直な気持ちを書いています。

 

個人的クレジットカードの選び方、まとめ

一般化して言うと、

クレジットカードは、万人に当てはまる唯一絶対の正解があるわけではなく、自分が一番お金を落とすところと契約する方が有利な事が多いです。デパートは、デパートで一番お金を使う訳じゃなくても(多くの人が「その他の場所」で使う割合が高いでしょう)、まとまったお金を毎年使うなら、候補に入ってイイと思います。ボーっとしてる他の人が、「定価で買ってそれっきり」な中、自分は優待で買ったり、高率でポイント還元を受けたり、スマートにお買い物しちゃいましょう。それが、賢い消費ってヤツだと思います。

もう一つ、お得情報に踊って、クレジットカードを作り過ぎないほうが良いと思います。個人的には、三枚ぐらいまでにまとめるべし。なぜなら、分散し過ぎると、ポイントも分散して利用し辛いから。あとセキュリティの問題。

私の場合、三枚は、こういうチョイスです。

  1. MIカード(VISA):メイン。私物決済用。ポイントガシガシ貯めてく用途。将来は事業用にも?
  2. イオンカード(VISA):生活費(家族全員 / 自分以外が使うもの)用。決済額はこっちのほうが大きくなる可能性もなきにしもあらず。
  3. 某行CD相乗りカード(AMEX):某行のコンビニATM手数料を無料にすべく発行してるクレカ。ついでにブランドをこれだけAMEXにしといて、VISAが使えない場所とか、AMEXの優待を受けたいとき用に保有しようかな…というのは予定であり、現在はVISAで保有中。

ただ、VISAかマスターか、AMEXか問題は、ちょっとホットな話題の所で注意点があるので、下記の「オマケ」に書きました。

 

さー。

使いこなすためのほんのひと手間。

ポイントがたまる場所を頭に入れたり(Evernoteに入れたり)、サイトに登録したり、決済方法を切り替えたりしなければ。これがちょっと手間だけど。まあ。自分で選んでやったことなので、楽しいこと、ということで。

 

 

オマケ:iPhone7(Apple Pay)はVISA使えないらしいよ(AMEXでカード発行すればよかった!!) 【追記】【訂正】VISAものによっては使えます。むしろAMEXプロパーは現時点では使えないらしいです。(2016/10/26)

(追記)VISA使えました。実体験済です。怪情報に乗っかってしまってすみません。(追記ここまで)

情報元 >> 日本のiPhone7でVISAが使えないワケ。iPhoneのApple Pay国内対応で事前に知っておきたいこと:モバイル決済最前線 – Engadget Japanese

このVISAが日本でのApple Payに対応しない理由については現在も情報収集中だが、関係者の1人は「ブランド戦略の一環」だと指摘する。今回、日本でのクレジットカードによる対面販売はiDまたはQUICPayということで「インフラ相乗り」という形になったが、これは本来「VISA」というブランドを前面に出して店頭での買い物を行うものが、「iD」または「QUICPay」という形で隠蔽されてしまうことにVISAの本社サイドが難色を示したというもの。

実際、中国などを除く他国ではVISAブランドでのApple Payローンチが問題なく行われているわけで、銀聯カードを除けば世界最大のカード発行枚数を誇るVISAが日本だけサービスを提供しないというのは、その違いを考えれば「インフラ相乗りという日本の現状に満足していない」という説に一定の説得力を与えている。本来であればVISAを強力に推進しているはずの三井住友カードがMasterCardなど他ブランドをプッシュせざるを得ない状況がどれだけ続くのかは不明だが、もしこうした部分に理由があるのだとすれば、すぐに状況が改善するのは難しいのかもしれない。

 

以上、JADEでした。

 

▼個人的、金融リテラシーを付けるのに役立つ、基礎の基礎の本。クレカの話じゃないけど、お金ってなんだろう、の哲学が身に着きます。学校では教えてくれない。

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

posted with amazlet at 16.09.28
ロバート キヨサキ シャロン・レクター(公認会計士)
筑摩書房
売り上げランキング: 776

 

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
勝間 和代
光文社
売り上げランキング: 119,437

 

広告

投稿者: JD / ジェイド /

ジェイドと呼んで下さい。 ワラジ履きまくってます。 家族最優先。 得られなかったぴかぴかメダルを獲得するための戦いの最中。起業・サラリーマン経験あり。 文字を書くこと、文字を読むこと、どちらも中毒的に大好き。 (2016/3/10更新)