理解者がいないというのは、一人の道を行くというのは、とても恐ろしいけれども、でも行かなければならない

昨日の続きみたいなものです。

 

要は祖父が入院し、どうも容態が良くないらしい、ということなのだけども。 “理解者がいないというのは、一人の道を行くというのは、とても恐ろしいけれども、でも行かなければならない”の続きを読む

広告