【進捗】【振返り】 (^_^) 9月第3週(司法書士)(宅建)(24) 先々週20時間先週26時間達成・今週30目標

JDの独学勉強定例報告です。

 

最低でも、平均して週35時間は勉強したい(先日の記事)ワケで…

先週の勉強を振り返る

26時間!!

ヒー

これでも、なんとかこのぐらい、という感じ。

ここまでの流れとしては…

先月(子どもの夏休み)は週4時間台とか

段階的に伸ばして先々週にやっと20時間

からの先週はなんとか27時間

という流れでした。

木曜辺りからヘロヘロで、我ながら普段以上に集中できておらず、睡眠を少し削り始めているので、ますます睡眠を取れなくなって…私の脆弱なメンタルは弱含むとすぐに入眠困難になるので…機嫌も悪く、あと、下半身を中心に謎の強烈なかゆみに襲われ…とボロボロでした。あと、体重が見たことない数字に。

情けない。

…ってか、先達はよくもこんな大量の勉強をこなしてきたよな、と不真面目な私は、恐れおののいています。

ここ何週間かはまずは量。

お席に座っていられるようになること。(子どもか

量をこなす生活をなんとか組み立てることに注力して、一週間に三十台中盤の時間、勉強する生活に慣れること。それで、残り40週間となる9/25を迎えたい。。

 

 

近況

ちょっと不安なのが、週末からまた子ども関連のイベントが多くなるのだよなぁ。イベントそのものの時間をつつがなく終えることはもちろんだけど、育児というのは、その日その時だけやり過ごせば良いっつうもんではないので、どれぐらい負荷がかかるもんなのか…。そう、再現性のないイベントも多かったりするので、見通しが完全には立たない。

最大・最悪のリスクファクター、家族関連の問題が最近あまり生じてないのだけは、幸いだけど。蓋をしてあるだけなので、実はすごい燻ってたりしたらヤだなあ…とか思うだけでも、鬱になれる。思わないでおこう。

義実家方面が、そちらは完全に悪気なく、そしてこれまた完全に「九州の女性」の世界観で暮らしておられるのだけれども、その世界観の下、ちょっとしたご用事をおっしゃってこられているのが、気分的な重しになっている。

  • 家事育児は全面的に私の担当分野だと疑いなく思っている(そう認識させる発言を私からしたことは一度もないです。)
  • 家事育児関連のちょっとした用事を私がこなすことはなんでもないこと(もちろん可能なこと)と思っている

…ジェンダーの問題に限らず、決めつけというものは大変に恐ろしいものなんだけど(だって財務担当役員に人事戦略を尋ねたら( ゚Д゚)ハァ? となるでしょう??)、それを曇りなき眼で思い込まれると、対処に悩む…。そして、九州で女性として生きること、というのは、何事にも柳に風で受け流せてこそ九州の女性、みたいな反逆防止装置をビルトインしてあるのが、これまたおそろしいところで…。ほんのちょっとした訂正を入れようとしただけでも、

Σ(・ω・ノ)ノ!

となられることが、ままあるわけで。。。

だけど、今はちょっとしたことでも、ズルズルと続けてしまうと、黙示の同意と取られると、後々、その負担は膨大なことになるわけで…。

で何をしていたかというと…

本来なら三年前にやっていたかった用事を、まだこなしていたりするのですよね。

つまり、本当は起業&転居の際にやっていたかった、ってか、それに先立つ退職の前にやっていたら良かったであろう、クレジットカードの見直しとか、紐づいている契約の見直しと手続とか。しかもまだ終わってない。

私が総合職のときにやっていた枠組みをそのまま引き摺っている部分があって、たとえば子どもの養育関連の定期払費用をずーっと私名義で払ってたり、そういうのがあるのですよね。起業は私が主導でやってたりしたので、繰り延べられる用事は繰り延べられるだけ、繰り延べてきちゃってた。それを、何年もかけて、すこーしずつ、是正している。その辺の事情を、周りは全くご存知ないんであろうけれども。

知らなければ、勝手に「主婦でのんびりしてるんでしょう?」という思い込みをおしてくる世の中、というのは本当に恐ろしいのですよ。

 
▼私JDが使っているシリーズの基本書。

司法書士 山本浩司のautoma system (1) 民法(1) 第4版 (基本編・総則編)
山本 浩司
早稲田経営出版 (2015-12-14)
売り上げランキング: 11,346

 

みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 2016年度
滝澤 ななみ
TAC出版 (2015-10-21)
売り上げランキング: 737
広告

投稿者: JD / ジェイド /

ジェイドと呼んで下さい。 ワラジ履きまくってます。 家族最優先。 得られなかったぴかぴかメダルを獲得するための戦いの最中。起業・サラリーマン経験あり。 文字を書くこと、文字を読むこと、どちらも中毒的に大好き。 (2016/3/10更新)