LINEゲーム:一部アイテム通貨認定 関東財務局 – 毎日新聞

以前、記事を書いた件(LINE法務部は無能なのか (ゲーム内通貨)(資金決済法))の続報が出ました。

 

 無料通信アプリ大手「LINE」(東京都渋谷区)のスマートフォン用ゲームで使う一部のアイテム(道具)が資金決済法で規制されるゲーム上の「通貨」に当たると、同社を立ち入り検査していた関東財務局が認定したことが分かった。通貨の場合、未使用残高が1000万円を超えれば半額を発行保証金として法務局などに供託する義務があるが、これまで同社は供託せず、財務局は同法違反に当たると指摘。供託不足額は3月末時点で約125億円に上る。【藤田剛】

情報源: LINEゲーム:一部アイテム通貨認定 関東財務局 – 毎日新聞

 

供託不足額125億円…

どひゃー

 

もっとも、代替手段があるそうです。

銀行と保全契約を結ぶなどの方法を用いれば、数千万円の保証料を銀行に支払うことで供託に代えられる

ファイナンスのことはよく分からないですが、LINEと言えども125億円ともなると、イタイか痛くないかで言ったら相当イタイはずですものね。数千万円ならまだなんとか。保証料…掛け捨て的なものなのかな。だとしてもね。

 

関東財務局が踏み込んでから判断までけっこう早かったように思いますが、標準スピードなのですかね。やるなあ。

 

広告

投稿者: JD / ジェイド /

ジェイドと呼んで下さい。 ワラジ履きまくってます。 家族最優先。 得られなかったぴかぴかメダルを獲得するための戦いの最中。起業・サラリーマン経験あり。 文字を書くこと、文字を読むこと、どちらも中毒的に大好き。 (2016/3/10更新)