復興のためにはキチンと現状を憂いて、そして立ち上がらないといけないと思う (熊本城の地震前・地震後)

JDです。

九州内も、被災地は勿論別段、通常ムードに包まれつつあります。ただ、東日本大震災の傷跡も癒えないなか、先が思いやられるように思います。

 

 

無暗に落ち込むことはないが、忘れるのも良くない。

私の中で、我が国が衰退しはじめた二大要因は、男尊女卑風潮、同調圧力です。

それが非婚化を産み、非婚化が少数派でなくなった今、同調圧力によって状況が強化されました。

婚姻が、(多くの場合女性の側にとって)一個も得ではない実情があり、「それでも結婚するもんだ」という刷り込みが解けたなら、結婚を選ばない人が増えるのは当たり前のことです。同調圧力は、旧態を維持する方向に働きますが、それこを乗り越えて非婚が事実上の主流になってきたからには、「結婚なんて勝ち組だけがすること、子どもを産み育てるなんて我が儘・贅沢。」となるのは必至です。もう都市部なんかではそうなっています。

 >> この国は、もう子どもを育てる気がないのか | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 http://toyokeizai.net/articles/-/115149

結果としての少子高齢化

少子高齢化という状況は、物事を国という単位で見るには最悪の事態です。しかし、政治を見るとそう捉えているようには観察できません。

産後、ネットでああだこうだとクダを巻き始めた頃は、まだどうにかできるんじゃないか、どうにかしなくてはと思っていたのですが、最近もう諦める努力をしています。

政治は的外れな少子高齢化対策ばかりを唱えるし、上の世代には危機感は見えません(どちからというと介護要員を確保するのに躍起になっているように見えますが、子どもが産まれないならどうやって確保するんでしょう??)。

同世代も、リア友は沈黙して距離を置き始め(子持ちだけ呼ばれない集まりが出てくる)、インターネッツのお友達は、「自己責任」「子どもは親(だけ)が育てるもの」「覚悟のうえで産め」「優遇され過ぎている」の大合唱。…いいけどね。「ウチは」どうにか、血反吐はいても独力で育てるかもしれないからいいけど(よくない)、そんなことできる世帯がどれだけあるだろうかね。子どもを産み育てるというのは生易しいことではないのです。産まない人が増えるという事は、その生々しさが分からない人が増えるという事でもある。

こういう、注意喚起、叱咤激励の内容のポストでも、はてなブックマカーは「違う」の大合唱。いやだから、思考停止してたら生き残れないよ、と注意を促してくれている、っつうのに…。 >> 日本はもう「普通の国」だから、安定した職場に居続けると、本当にマズいかも。 | Books&Apps http://blog.tinect.jp/?p=23846

それでなくてもヤバイというのに

かくして人のなせる業だけでも自滅しかかっているというのに、相次ぐ大災害では、この先、もう駄目なんじゃないかという気持ちになる。

復興は、誰も悪くないけど、タダではない。

築き上げてきたものを不測の事態で失って、でも埋め合わせるには、リソースが要るのだ。

不謹慎厨みたいないものは心底悪だと思うけれど、完全に忘れ去って、キリギリスのごとくただ楽しく暮らすというのもマズかろうと思う。

書けば書くほどどんよりしてくるけれども。

 

でも、踏ん張らないといけない。

子どもに、こんなときに産んでしまってゴメンねと言いたくない。

自分が産まれてきたことに意味があったと思いたい。

前半は生育環境に凹られ、後半は世の中に凹られたとあっては、死んでも死にきれない。

根本的な復興に必要なこと

 

2016年熊本地震より前の熊本城の姿。左が宇土櫓(国指定重要文化財)、右が大天守。写真はFacebookページ「熊本城」の投稿より。「画像についてはご自由にお使いください。」

 

熊本城は、城郭が現存する勇壮な史跡です。

  • 一刻も早く、被災者が不自由なく文化的な生活を送ることができるようになること。
  • 被災地の事業者が、従前の活動が可能な状況になること。

…は勿論ですが、そのためには、周りが支援を続けると共に、被災地が少しでも早く、自律的に活動できるようになること。そのためには、衣食住が整うだけではなく、こうした、象徴であり観光収入源の復旧も必要だと思うのです。

写真は同じくFacebookページ「熊本城」の投稿より。

募金先・支援先

全般的なリストはこちらに挙げています。

熊本城については、こちら。 >> イベントカレンダー – 【熊本城公式ホームページ】 http://www.manyou-kumamoto.jp/event/castle.cfm?id=1158

 

倍働かないかんばい

まあ、でも、ね、敵が大きいほうがヤル気出るやん?

熊本が躓いたままでは、九州他県の未来も覚束ないです。九州が沈めば、日本の他の地域…特に、出産と育児を地方に依存する都市部の終わりが早まります(その構造自体どうかと思いますが)。

生きていくと決めた以上は、やらないといけない。

やる。

勉強もやる。

 

以上、JDでした。

 

戦う理由
戦う理由

posted with amazlet at 16.04.26
野村 忠宏
学研マーケティング
売り上げランキング: 46,660

 

不動の魂 桜の15番 ラグビーと歩む
五郎丸 歩
実業之日本社
売り上げランキング: 28,359
広告

投稿者: JD / ジェイド /

ジェイドと呼んで下さい。 ワラジ履きまくってます。 家族最優先。 得られなかったぴかぴかメダルを獲得するための戦いの最中。起業・サラリーマン経験あり。 文字を書くこと、文字を読むこと、どちらも中毒的に大好き。 (2016/3/10更新)