自分用メモ PTAは任意加入 法的義務ナシの報道 任意加入団体を解体していこう!!

JDです。

真剣・深刻です。

PTA(Parent-Teacher Association)について、菊池桃子さんが勇気づけられるコメントをしました。そして、憲法学者からは、法的義務ナシのコメントがあったそうです。

どちらも働く母にとって援護射撃ですが、これを理由に、不加入を強弁すると、それはそれで酷い目に遭いそう。どうしたらイイんでしょうね。

 

“自分用メモ PTAは任意加入 法的義務ナシの報道 任意加入団体を解体していこう!!”の続きを読む

復興のためにはキチンと現状を憂いて、そして立ち上がらないといけないと思う (熊本城の地震前・地震後)

JDです。

九州内も、被災地は勿論別段、通常ムードに包まれつつあります。ただ、東日本大震災の傷跡も癒えないなか、先が思いやられるように思います。

 

“復興のためにはキチンと現状を憂いて、そして立ち上がらないといけないと思う (熊本城の地震前・地震後)”の続きを読む

苦学生界のレジェンド弁護士・大平光代氏の著作に勉強法を学ぶ(極妻 → 宅建・司法書士も合格)

JDです。

先日、改めて大平光代氏の「だから、あなたも生きぬいて」を読みました。自分が進もうとしているキャリアパスが現実的に可能なのかどうか、考えてみたかったのです。

 

“苦学生界のレジェンド弁護士・大平光代氏の著作に勉強法を学ぶ(極妻 → 宅建・司法書士も合格)”の続きを読む

司法書士試験の願書を郵送請求してみた(画像あり)

JDと書いてジェイドと読む。JDです。

すっかり出遅れた感がありますが、受けるは受けるつもりなので、手続を進めます。昨日、受験願書の郵送請求をしました。

3月頃には法務局に出向いてもらってくるつもりでいたのですが、なんせ忙しい。なんせ僻地在住(…は言い過ぎですが、マァ長閑な所に住んでいます)。

オンライン請求させてくれよなと思いつつ、私は今年は郵送で「願書送ってください」の請求を出しました。
>> Continue reading 。o○゚

【進捗】【振返り】 (-_-) 4月第4週(司法書士)(宅建)(03) 熊本地震対応の前半 PMS(と孤育て)に苦しむ後半

JDす。

表題の通りす。

熊本地震への支援は、イチ零細事業者のやることレベルですが、引き続き続けていきたいと思います。

後半は月経前症候群で、眠くて、眠くて。

出産を境に、なのか、年齢的なものなのか、ここ何年か月経絡みの眠気の強まりが物凄い。身の危険を感じるレベル。

豆乳をしつこいぐらい飲むと、だいぶ緩和される。
勉強時間は、情けないことに未達の4時間35分。5時間まであと少し。

(4/25  1:36追記:夫の出張からの帰宅で目が覚めて眠れず。ぐぬぬ。日付が変わる前にしてくれれば、目標達成したかもしれないのに。今週は絶対達成する。)

司法書士試験の受験案内は毎年4月1日(土日祝の場合翌平日)に8時過ぎに上がる慣例(と思われる)

JDです。

4月に入ったら確認しようと思っていたのですが、忙しくて忙しくて…。今年度(平成28年度)の司法書士試験の受験案内が法務省ホームページで公開されているようですね。

意外と、いつ公開されるのかの情報が見当たらなくて。

調べてみたら、今年は4月1日に公開されたのではないかと推定しています。

なぜ分かったのか、なぜそう考えたのか…
>> Continue reading 。o○゚

平成28年(2016年)熊本地震 寄付・義援金・支援金 どこにどうやってしたらいい? 宛先候補11件

JDです。調査・検討しました。

義援金、支援金とは何か、具体的にどうすれば良いのか。個人事業主向けの記事です。募金箱の設置に二の足を踏んでる方がいらっしゃれば、ぜひご一読の上、踏み出してください。

やれることをやる。

少しでも、被災地に復興の力が集まりますように。

 

“平成28年(2016年)熊本地震 寄付・義援金・支援金 どこにどうやってしたらいい? 宛先候補11件”の続きを読む

【進捗】【振返り】 (-_-) 4月第3週(司法書士)(宅建)(02) 九州在住が体験した2016年熊本地震

(※今夜の更新はお休みします) JDです。居住エリア、居住地をこのタイミングで明かすつもりにはしてなかったのですが、私は九州に住んでいます。

今回の熊本地震は、まったく他人事ではなく、その揺れを自分自身で感じました。そして防災活動に追われました。零細なものですが事業を営んでいるので、BCP的なこと…事業継続の判断、広報担当として、総務・防災担当のバックオフィスとして、やることがあります。

心情的にも、現地の子を持つ親御さんの心中は察するにあまりあります。被害の全容は、そもそもこれで収まるのかどうか、予断を許しません。まずは平穏になること、一刻も早い復興を他人事ではなく切に祈ります。必ず、何かやる。
>> Continue reading 。o○゚

資格試験予備校より強烈に魅力的な学校を発見 <C>中央大<C>法・通信教育課程

表題の件につき、JDが喜び勇んでお伝えします。

つい、つい先ほど発見しました。

「法科の中央」、言わずと知れた法学部トップ校の中央大学に、非常に魅力的な条件の通信課程があります!!!

>> Continue reading 。o○゚

大変だった頃のこと(3) 子産み女は退職勧奨を味わう

JDです。

ブログ界では禁じ手(たぶん)の自分語り。少しは必要だけどやり過ぎると嫌われる自分語り。手を出してみちゃう。

一番大きいのは自分に発破をかけるため。

それと自己紹介。

 

 

シリーズ「大変だった頃のこと」

だいたいこういう予定です。

  1. イマドキ企業の24階で法務屋をしてた頃のこと(3/27)
  2. 一般職化して旧時代の「普通の幸せ」を夢見た頃のこと(4/3)
  3. 【今回】結婚妊娠出産 + 異動 で退職勧奨状態を味わった頃のこと(4/10)
  4. 今思えばガラスの天井 待ち切れずに独立起業した頃のこと(4/17予定)

江戸の敵は長崎で獲っていこう!と。そういう考えであります。

再び地獄を見るの嫌なので、法律資格取得のモチベーションを確たるものにしておきたい。先への備え。そして心のデトックスしたい。もうね、こんなの性格歪むわ!っていう時期もありましたのでね。

今回は、まさに、性格歪みそうな、サラリーマン時代最後の年月のこと。

 

愛ある上司の庇護を離れた瞬間、飛ばされた。

前回の頃までは、少々燻り感は出ても、ほのぼの幸せに暮らしてたんです。引っ張ってくれた上司に感謝。

皆、世の中の人は大企業に正社に勤めれば安泰と思ってるかもしれないけど、それは古典的日本企業のことで、大企業でもそういうカルチャーじゃないところは、そうじゃなかったと言える。つまり、私の勤め先は、社内にあっても生き馬の目を抜きまくらなければならず、市場原理的なものがあった。

勢いよく働いているうちは、重用もされるし、社内リクルートみたいなことにも遭遇して希望の職場に就けたけれど。それが下りのエスカレーターだったなら、次は無い、ということだった。

それでも、それも想定してなかったわけじゃない。

ホントは早いとこ妊娠、産休、育休入りして、リフレッシュしつつ子どもを育て、育ってきたらまた第二のキャリアを…とかなんとか思ってたけど、意外と妊娠って簡単じゃなかった。当時30歳前だったけどね。

 

しかも、妊活の真っ最中、大きな異動を食らったのでした。

 

異動先は修羅の道だった。

これほどキャリア × 適性ガン無視の異動があるもんですかね。

 

管理部門 × 専門職 × 総合職

↓を歩んできた私が↓

営業部門 × ルーティン × 一般職

え、全部逆に振った?

っていう。

懲罰人事でないならよくぞこんなことしてくれたよね、と今でも激オコなんですが、あの会社、元々ちょっとひずみがあって、中間管理職の素養にバラつきが大きかった。後任の上司がまあ酷くて、、

 

異動後の部署は、マァ凄かったです。

色々暴露してやりたい気持ちでいっぱいですが、冷静に考えると書けない事ばっかりです。

法的に問題がないことでも、道義的にそのぐらいのことしたってバチは当たるめェ、ってことでも、思い出そうとすると心に蓋がかかって駄目だ。

ううーん。

発奮材料にしょうと思ったのに。

心の強い日に、追記で対応したいと思います。

 

シリーズ毎週日曜20時更新:「大変だった頃のこと(4)」に続く…

 

 

 

心的外傷と回復 〈増補版〉
ジュディス・L. ハーマン
みすず書房
売り上げランキング: 211,688