兼業受験生の年度末は受験勉強どころではない・自営業の忙しさはサラリーマンには分からない

…に決まってんだろうがよぉあああああああ!!

JDです。

新しく採用したスタッフの受け入れ準備、人事制度の手直し、公式サイトの手入れ、等々。そして、世の中全体の動きが活発なので、別に今じゃなくてもいいことも偶発的に持ち上がってくる。

 

またぞろ、かの方面にかけられた呪いに苦しんでいて。

自営業というのは暇そうに、下手したら遊んでばかりいるように見えるらしい。特に、私のように現場にタッチせず、経営の、経営部分だけやっていると余計にそう見えるんでしょうよ。仕事と遊びの枠組みが全く違ってくるので、なかなか説明するのが難しい。

  • 9時-17時勤務ではない → が逆に、日曜深夜、盆・暮れ・正月に働いていることがまじで普通にある。病気で臥せっているときに起き出して仕事することもある。そもそも休暇の概念がない。
  • 上司がいない → が他に責任を取ってくれる人もいない。締切を急かされない代わりに、自分で管理しないといけない。間に合わなさそうなときも誰がケツ拭いてくれるわけでも無い。間に合わなかった時も、自分一人が被らなければならない。

あコレ枚挙に暇がないヤツだ。

何が違うというより、何もかもが違う。

比べること自体が間違っている。

給与所得者は、その多くが事実上、時間を買い上げてもらっているのに対し、自営業者は成果主義そのものだ。一見ゼロ時間で多額の利益ということもあれば、ものすごい時間を費やしても、リターンが見えにくいこともある。リターンが無いように見えても、やるべきと信じることはやっておかないと、同じ商いを同じようにやっていても、何故か実入りが少なくなってきた、という時が必ず、くる。

 

その辺を弁えずして、アンタ旦那の稼ぎで食ってるんでしょ、暇なんでしょ、仕事って言ってるけど日記書いて遊んでるだけでしょ、とマウンティングしてくる輩の、なんと愚かで腹立たしい事!!

だいたい、理解の範疇を超えたものは無いものと看做す、という感覚がもう、なんて言ったら良いんだろう。反知性的ってこういうこと?

私には見える。

芸能人の暮らしをテレビやブログで見て、「たいしたことないくせに良い暮らしして!」と、うそぶく姿が。人知れずされる努力も、その成果のカタチも、自分に都合が悪い(自分のライフスタイルと違う、怠けている)ことは押し並べて評価できないから、いつまでも抜け出せないんですよ。あなたのその不満だらけの生活から。

 

は~。

もう、かの方面の事を考え始めると精神汚染とどまることがない。ヤメヤメ。考えるのヤメ。

それでなくとも忙しいのに。

もらい事故なのに、何故わたしが気持ちに蓋をしなければならないのか、という怒りも湧いてくるけど、とにかくヤメ。

 

事業環境に小さくない変化の兆しがあるので、影響ないとは思うが、しっかりと諸方面、手入れをしておかないといけない。

と、関連して、新規事業のお誘いがきていた件が、放置できなくなってきた。それで食べていきたいと思ってない、と明言したし、その考えは変わってないのだけど。ニーズは高いらしい。

 

宅建受験、詳しくは今夜更新の記事に書いたけど、今日から、兎も角、宅建だけで週5時間、しのご言わずに時間を確保する努力をしてみようと思う。

 

JDでした。

 

稲盛和夫の実学―経営と会計
稲盛 和夫
日本経済新聞社
売り上げランキング: 554

 

経営者になるためのノート ([テキスト])
柳井 正
PHP研究所
売り上げランキング: 572
広告

投稿者: JD / ジェイド /

ジェイドと呼んで下さい。 ワラジ履きまくってます。 家族最優先。 得られなかったぴかぴかメダルを獲得するための戦いの最中。起業・サラリーマン経験あり。 文字を書くこと、文字を読むこと、どちらも中毒的に大好き。 (2016/3/10更新)