電力会社からは「原発がなくても財務の健全性を保つべくかように努力している」という話が聞きたい 高浜原発停止仮処分の決定文と個人意見

掲題の件につき、JDから不遜ながら意見を申し上げます。

高浜原子力発電所(福井県)に関し、大津地方裁判所が3月9日に運転停止を命じる仮処分決定を出したとのこと。

 

 

注目の理由

稼働中の原発の運転の停止を命じる仮処分の決定は初めてです。

>> 高浜原発3・4号機 運転停止命じる仮処分決定 NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160309/k10010436991000.html

世間的な議論

  • 電気料金は上がる(この場合値下げが取り止めになるのか)
  • 同様のケースが続くのか 特に離れた場所からの申し立てでも、か

決定文

こちらに決定文が掲載されています。 >> 脱原発弁護団全国連絡会 : 速報:大津地裁、高浜原発3・4号機差止仮処分認める! http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/news/16-03-09/

事案の概要

滋賀県内の住民が、福井県の高浜原発が耐震性能に欠け、周囲に放射性物質汚染を惹起する危険性を有する旨主張して、人格権に基づく妨害予防請求権に基づき、本件各原発を仮に運転してはならないとの仮処分を申し立てた事案である。

気になったところ

福島第一原子力発電所では、主に、全電源喪失の期間が継続したことにより、崩壊熱の除去に失敗し、「止める」「冷やす」「閉じ込める」のうちの、後2者を実現することができず、重大な事故を発生させるに至った。この事故は収束しておらず、1号機から3号機までの内部に融解した状態で取り残された炉心部分の搬出作業には見通しがついておらず、敷地からは毎日大量の放射能汚染水が流出し続けている。

福島第一原子力発電所事故の結果、福島県内の1800平方キロメートルもの広大な土地が、年間5ミリシーベルト以上の空間染料を発する可能性のある地域となった。避難区域指定は福島県内の12市町村に及び、15万人もの人々が避難を余儀なくされた。

(決定文12頁より) 2 前提事実(当事者間に争いのない事実及び一件記録により容易に認められる事実) > (6) 安全性の審査 > イ 東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所事故

 

意見

話としては抜粋したところでもう充分という気持ち

これだけの未曽有の出来事があったにも関わらず、それでも尚、再稼働しようという考えが、まったく理解できません。

止まっていたらラクな経営ができなくて困る。だもんで、電気料金値上げを脅し文句に駄々をこねているようにしか見えない…。そうでないといいなと本当に心から思います。

可及的速やかに原発は廃止するべき

こうした議論や訴訟に多くの人たちが捕らわれているというだけでも大損害で、ましてや福島第一原子力発電所の界隈は、と。

乱暴なことまでして止めるべきとまではいかずとも、止められるものは、早く停めて欲しい、廃止するべきという意見です。

電力会社の「中の人」たちはどうしているのか

今日で五年です。

汗水たらして復興に取り組む人も多いと思います。想像を絶します。

一方で、電力会社がこうした事態の真の再発防止、つまり、原発を使わなくて済むようにするために、何をしているのかが、今一つ見えてきません。もし取り組んでいるのなら、それが伝わってこなければ、心配して見守る一般市民も、中で従事している人たちも、双方にとって不幸な状況です。にも関わらず伝わってこないというのは、どういうことなんでしょう。陰謀を企て、ネガキャン張りまくる勢力が暗躍しているからでしょうか…??

 

インフラ系の企業に求職する人は、学業優秀、その優秀さを武器に、安定を求める志向性を持っています。それは大いに結構、羨ましいぐらいです。

だけど、これだけ未曽有の事態を引き起こして、色々あったけどいいよ、また原発がんばろうね、って言う人が、どれだけいると思いますか?いるわけないです。以前並みに原発を使おうなどというのは、甘えているにも程があります。

こうした変革が不可欠な状態で、「安定志向なので、震災前と同じ仕事を今日もしていました。」では、誰も納得しない。電力会社に求めているのは、安全で安価で安心な電力の供給であって、中の人にのんびり暮らしていただくことではない。それと、企業努力が必要なのは、普通の業界の普通の企業では、普通のことです。

あんまり世の中がギスギスしていくのは嫌だけれども、この期に及んでのんびり好待遇を満喫したいナーみたいなこと言われて、そうだね^^と返すひとは、マァいないですよね。その好待遇はどこからでてきましたか、と。ヤァ電力会社勤めが来たぞ石投げろ!という地獄が到来しないために、是非とも、今後に向けた取り組みの話が聞きたいです。納得したい。

 

以上、JDより生意気申し上げました。

 

脱原発を決めたドイツの挑戦 角川SSC新書 再生可能エネルギー大国への道
熊谷 徹
角川マガジンズ(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 177,247

 

Newton クリーンで無尽蔵 新エネルギー: 風力,太陽光,小水力-その真の実力に迫る!
株式会社ニュートンプレス (2015-09-24)
売り上げランキング: 24,768
広告

投稿者: JD / ジェイド /

ジェイドと呼んで下さい。 ワラジ履きまくってます。 家族最優先。 得られなかったぴかぴかメダルを獲得するための戦いの最中。起業・サラリーマン経験あり。 文字を書くこと、文字を読むこと、どちらも中毒的に大好き。 (2016/3/10更新)