条文の書き取りをやってます…暗記法の終わりのない探求

あらゆる受験に不可欠なこと。

暗記。

暗記のやり方について、時代に相応しい方法がないか、いつも考えています。

書いて覚えるのが基本だとは思う

手書きだと当然すごく時間がかかる。そのほうが必然的に頭に残りやすいということはあるかもしれないが、なんせ覚えなければならない量が莫大だ。勉強時間が足りないということも考えられるし、選別したものだけ書くとするのなら、それはそれで工夫が要る。

読んで覚えるパターンは寝てしまう

莫大な時間消費を緩和すべく読んで覚える…特に音読は効果が高いとされているが、これも飽きる。寝てしまう。

第三パターン「キーボードタイプで覚える」に挑戦中

読んで覚える、の改善案として、キーボードにタイプする方法。

読み上げた言葉は、宙にかき消えてしまうが、キーボードで打ち込めば、まずは一応表示される。書いて覚えるのに近い、目から入力して、タイプする作業のために脳で再現して、そして実行して、実行結果をまた目で確かめる…なんなら打ちながら音読だってできる、という効果が得られる。

何より良いのは、打ち込んだ結果を出力(印刷)できること。

トイレに貼るも良し、このブログでシェアするもよし(その予定)。それを見ながら、やっぱり手書きで書き取りをするもよし。基本書を見ながらだと、あれは「本」なので、角度で見えにくかったり、関係ない文字が目に飛び込んできたり、なんなら本が閉じかけてしまったり、イマイチ集中できないが、PCからA4に印刷して仕舞えば、そういうストレスはない。

ちなみに、どっちが効果的かの議論は…

Yahoo!知恵袋は、手書きでないとダメだと言い、おしえてgooは、タイプでも良いと言う。まだ決定的な意見が出ていないということかな。

>> 暗記するとき、書くほうが覚えられるといわれますが、キーボードで打つ… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10113144225
>> 英単語等を記憶するのに紙に書くのとキーボードからの入力では? – 英語 解決済 | 教えて!goo http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1549068.html

受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法 (新潮文庫)
池谷 裕二
新潮社 (2011-11-28)
売り上げランキング: 486
ずるい暗記術―――偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法
佐藤 大和
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 7,773
広告

投稿者: JD / ジェイド /

ジェイドと呼んで下さい。 ワラジ履きまくってます。 家族最優先。 得られなかったぴかぴかメダルを獲得するための戦いの最中。起業・サラリーマン経験あり。 文字を書くこと、文字を読むこと、どちらも中毒的に大好き。 (2016/3/10更新)