【2016年度版】弁護士・司法書士・宅建士…士業資格比較表 データから難易度を読み解く

士業資格の比較表を作成しました。

対象は、弁護士(司法試験)、司法書士、行政書士、宅地建物取引士、弁理士、社会保険労務士、税理士、公認会計士です。

受験者数や合格率など。

その資格が、その労力をかけてまで取るに値するか。そうした視点のための資料です。

 

これからの時代は資格取得コストも意識すべき

少子高齢化の進行で、社会が、かつて設計した絵図から大きく乖離し始めています。

古い設計図のまま、合格率や合格者数を維持していると、当然に需給バランスが崩壊します。資格は獲れども仕事はないという状態への移行です。また、同じ資格を保有している人でも、レベルにバラつきが出てきている実感があります。

無資格で世渡りをせざるを得なった身としては、同じ土俵の上でも工夫と競争、世知が必要なのは当たり前だったので、いわば当たり前の状態になってきているだけとも言えますが…。バラ色の未来を信じて兎に角努力をしてきた人が、資格を取ったのに食えるようならないというのは何となくお気の毒ではあります。

取り組むに値するかは精査すべき

これから受ける立場から言えば、資格取得の費用対効果、つまり勉強して割に合う資格でなければ、受ける気を無くすという部分もあります。

○○士の資格を取ったら将来安泰、と妄信せずに、そもそも多大な時間と労力をかけて受けるに値するかどうかは、考えておきたいものです。

 

では難易度はどうやって推し量るか

今回この比較表を作っただけでも、見えてくるものがありました。

士業資格比較表スクショVer2 Show PDF

 

見えてきたこと、は次の通りです。

  • 試験時間が見事に難易度のイメージ通りに並んだ
  • 試験形式に着目して良いと思う。択一式のみは取り組みやすい。
  • 試験範囲がハッキリしない資格がある

司法試験(弁護士の)試験時間は1,195分で堂々の一位

司法試験は士業資格の王様。

制度改革でワケが分からない感じになったとはいっても、いまだ試験時間がほぼ20時間で、2時間で終わる宅建の10倍です。単純に十倍の難易度と言ってしまうのは短絡的だとしても、吐き出すべき知識量がより多いことは間違いないと言えそうです。

択一式のみの宅建は取り組みやすい部類と言えそう

これは大学受験などやってきた方には異論がないかと思います。空欄にキーワード含め案をひねり出す方式と、紛らわしいものがあるとしても書いてある中から選ぶのとでは、後者のほうがたいが簡単です。

試験範囲の「ハッキリしなさ」とは

いくつかの資格試験は、出題範囲について、個別具体的な法律名を挙げるのではなく、たとえば「行政法」などと括ってしまっています。つまり、行政法という名の法律があるわけではないので、「行政法」ジャンルに収れんされる諸法や、その基礎知識が問われる可能性がある、ということです。

 

地雷がありそうなの資格はどれか

先ほどの「ハッキリしなさ」の話です。

私自身経験したのですが、行政書士試験の一般教養は曲者です。一般教養の名のもとに、個人情報保護法だのは兎も角、時事問題や文章読解(いわば「現代文の試験」のような)が含まれます。山を張るのは不可能に近く、ゆえにだからこそ、社会常識があるかどうかもチェックできている資格、と言えそうではあるのですが…。

また、司法試験は基本的に「ジャンル括り」の受験案内で、そのジャンルに含まれるなら、どの法が出てきても文句は言えない状態にしてあるようです。法律系資格のトップ、知らない法律があるとは言いにくい立場ゆえ、モットモと言えばモットモですが…。

それでも量をこなせば報われるというなら良いのですが。極端に試験傾向を変えてくる資格試験だと、ヤル気がしないということもありそうです。

 

資格を取ったら勝ちではないが取ってもいないなら尚不安

以上、希望のない話が多めですが、それでも資格を取る意味はあると思っています。

無資格商売を生き抜いてきて、その緊張感が楽しくもあったのですが、ある程度の地盤のようなものが欲しくなってきました。女性は特に、何もなければ基本「ウエメセ」を受けてしまうというのも、働き辛さがあります。

資格頼みにせずとも、強めの能力証明として、手に入れたいものdす。

少しでも、よりよい世界を目指して。

働くひとのためのキャリア・デザイン (PHP新書)
金井 壽宏
PHP研究所
売り上げランキング: 23,805

 

資格取り方選び方全ガイド 2017年
高橋書店
売り上げランキング: 9,341
広告

投稿者: JD / ジェイド /

ジェイドと呼んで下さい。 ワラジ履きまくってます。 家族最優先。 得られなかったぴかぴかメダルを獲得するための戦いの最中。起業・サラリーマン経験あり。 文字を書くこと、文字を読むこと、どちらも中毒的に大好き。 (2016/3/10更新)